昔の映画やらマイナー映画など

映画「ジャケット」の見どころと主要キャスト

投稿日:

映画「ジャケット」は、オスカー俳優のエイドリアン・ブロディ主演のサスペンス映画です。2005年制作、2006年に公開され、その独特の世界観によりたくさんのファンを持つ作品となっています。エイドリアン・ブロディの独創的な演技力、そしてキーラ・ナイトレイの熱演も非常に見応えがあり、脇を固める俳優陣も見どころの一つです。この作品の監督を務めたジョン・メイブリーは、独特の世界観、そして独創的な陰影法を利用した美しい映像演出が魅力的で、映画だけではなくMTVなどマルチな場面でその才能を発揮しています。

映画「ジャケット」は、湾岸戦争で記憶障害に陥った一人の青年に焦点をあてた作品となっています。この青年こそ、エイドリアン・ブロディ演じるジャックなのです。彼は、湾岸戦争で頭部に傷を負ったことにより後遺症として記憶障害になってしまうのですが、アメリカに帰国後、不幸な殺人事件に巻き込まれ、そのまま精神病院に送られます。そこで、彼は拘束衣(ジャケット)を無理やり着せられ、死体安置用の狭い空間に閉じ込められるという実験的治療を受けることになります。この映画の見どころとしては、この治療を受けている時にジャックが15年後の未来を垣間見る、と言うものになります。その未来とは、自分がもうすぐ死ぬ運命にあるというものであり、そこから彼はキーラ・ナイトレイ演じるジャッキーとともに、時空を超えて死の真相を探るという物語になります。

SFとミステリー・サスペンスの味を感じる作品であり、なにより、主演陣だけではなく、クリス・クリストファーソンやジェニファー・ジェイソン・リーといった超実力派俳優が脇を固めるため、非常に見応えのある作品となっています。独特のサスペンスの世界にどっぷり浸かりたい方には、大変おすすめの映画です。

-昔の映画やらマイナー映画など

Copyright© 素敵な映画特集!(映画ステキな金縛りも) , 2019 All Rights Reserved.